来年の彩りに向けた刈り取り

 オホーツクラベンダー畑では、ラベンダーが力強く彩るようにする大切な作業の一つ剪定、いわゆる刈り取り作業が始まりました。畑には総数1万2000本が植栽されており、一株ずつ丁寧に作業が続けられます。

 早咲きの「濃紫」から順に刈り取りが行われ、来週中にはすべて終わる予定です。

 この作業が行われている期間の魅力は「香り」。来園者からは「駐車場まで香りが届いていた」との声も・・・鮮やかな色は楽しめませんが、刈り取りによってラベンダーの香りが大きく舞いオホーツクの潮風と共に楽しむことができます。

 また刈り取ったラベンダーからオイルを抽出する作業も合わせて行われています。専用の機器を使用し1回1時間かけて抽出されるオイルの量は10~15mlと貴重。抽出したオイルや蒸留水は来年、花のサロン内のアロマ加湿器などに使用。ラベンダーのやさしい香りが皆様をお迎えいたします。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。