7/2・9・17・30 Afternoon Live

0.160702-0730アフタヌーンライブポスター

「オホーツクラベンダーフェスティバル~オホーツクラベンダー畑5周年記念祭~」の事業の一つ「Afternoon  Live」が7月2日(土)・9日(土)・17日(日)・30日(土)のそれぞれ午後1時30分より、花のサロン前特設会場で開かれます。

1.David SweetLow ② (1)

7月2日、「Afternoon  Live」のオープニングを飾るのは、イングランド出身の「デビッド・スイートロウ」。70年代に「TONIGHT」のギタリストとして活躍。その後はTVやCM、数多くのアーティストに楽曲提供を行い、2014年から札幌に移り活動を続けています。

2.BeeTAN1①

続く、7月9日には、”鍵盤弾き語りすと”「BeeTAN」(ビータン)が出演。喜怒哀楽や日常、生きることまで描いた詩をストレートでキャッチーなメロディーに乗せ歌い上げます。函館市内を拠点に活動するミュージシャンです。

3.流さんB

 7月17日は、開園5周年のゲストとして音更町出身の「流(ながれ)」が登場します。

1999年に2人組ユニット「三角堂」としてメジャーデビュー。2005年に「三角堂」としての活動休止後、2006年よりソロ活動を開始。現在は地元を中心に精力的に活動を続けています。

故郷への愛情と、そこで頑張る仲間達への感謝の気持ちを込めた曲「すずなり」は、NHKほっとニュース北海道2015年度のエンディング曲として起用され、多くのファンを魅了しました。

4.瀬戸奏①

さらに、7月30日は、札幌市在住の「瀬戸奏」(せとかなで)が出演。ブラックミュージックをベースに多彩な楽曲を製作、演奏します。ギターの弾き語りやソロシンガーとして活動し、近年では道内のみならず東京にまで活動の幅を広げ、様々な形態でライヴ活動を続けています。

各日共に入園・観覧は無料。詳しい問い合わせは花のサロン(電話0158-24-6699)まで。

カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。