ワークショップ(第27回)

  1. 遠紋圏域ワークショップ
  2. HOME

遠紋圏域ワークショップ

ワークショップ(第27回)

遠紋地域住民ワークショップ「遠紋地域広域公園を語る会」

「遠紋地域広域公園を語る会」は、北海道及び紋別市がつくる遠紋地域広域公園計画を、遠紋地域住民の方々の意見、要望、アイデアなどを聞きながら、協働作業でまとめていこうという意見交換の場です。 現在まで実施したワークショップを簡単にご紹介します。

テーマ

「公園の中心施設あおぞら交流館について考えよう」

現在、オホーツク流氷公園では、Bブロックの「あおぞら交流館」や「ものづくりハウス」など、周辺の建築設計に取り組んでいます。
今回のワークショップでは、これらの施設が、みんなで楽しく使えることを目指して意見交換しました。昨夜から暴風雪警報が続き、悪天候の中にもかかわらず、11名の方々が参加、あおぞら交流館の模型を前に、3グループに分かれて熱心に論議しあいました。

開催日

平成16年12月16日

参加人数

11名

主な意見をまとめてみました

Aグループ

  • 可能であればホールを土間にした方が、土でいろいろな遊びが出来る。
  • 施設はガラス面が多いので、野鳥がぶつかると思うのでその対策が必要。
  • 貸切にしないで来た人がいつでも使える工夫が必要。

Bグループ

  • 集いとやすらぎのホールやものづくりハウスの活用として、ソバ打ち体験、物産展など催しがいい。
  • ホールは土足にした方が利用し易い。
  • 冬、ホールの中は10度位が防寒着のまま汗をかかないで遊べる。

Cグループ

  • ホールの活用の一つとしてフリーマーケットはどうか。
  • いたずら書きが自由に出来る場所があればいい。
  • 芝生広場は冬に大きな雪だるまを作りたい。
  • 周辺、冬に馬そりを走らせてはどうか。

意見交換は熱が入るね

意見交換は熱が入るね

模型を見ながらイメージづくり

模型を見ながらイメージづくり

グループ発表

グループ発表

グループ発表

グループ発表

ページの先頭へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加