ワークショップ(第22回)

  1. 遠紋圏域ワークショップ
  2. HOME

遠紋圏域ワークショップ

ワークショップ(第22回)

遠紋地域住民ワークショップ「遠紋地域広域公園を語る会」

「遠紋地域広域公園を語る会」は、北海道及び紋別市がつくる遠紋地域広域公園計画を、遠紋地域住民の方々の意見、要望、アイデアなどを聞きながら、協働作業でまとめていこうという意見交換の場です。 現在まで実施したワークショップを簡単にご紹介します。

開催日

平成16年2月27日

参加人数

20名

ロゴマークについて

昨年12月4日のワークショップで示した改良案を弱視者、白内障者、色覚障害者の方々にどう見えるか、専用のソフトを使いコンピューターでテストしましたが改良案の色彩で色、形の判別がつくという結果が出たため、12月4日で示した改良案のロゴマークで決定し、今回のワークショップで報告しました。

主な意見

  • 色覚障害者の知人がいるが、判別がつかないのでは?
  • 一人一人対応していたら、ロゴマークは作れなくなるのでは、平均的な考えでいいと思う。

公園模型のお披露目

オホーツク流氷公園の模型が完成したので、今回のワークショップでお披露目しました。長さ2mもあり、立派な模型に歓声が上がりました。
それは、この模型には平成11年から始めたワークショップに参加された皆さんの4年間の声が凝縮されているからです。
この全体の模型を見ながら、計画について話し合い、皆さんが公園の利活用や、施設内容などについて、さまざまな意見を出し合いました。

主な意見

  • 駐車場の台数は少ないのではないか?
  • パークゴルフ場の36ホールは将来ホール数を増やせるよう進化させる要素を持たせては?
  • ボランティア活動を継続させるためにはポイント制を導入してはどうか?(例:地域通貨)

公園の模型の全体写真

公園の模型の全体写真

これが私たちの公園ですか?

これが私たちの公園ですか?

ふーん、よく出来ているね~

ふーん、よく出来ているね~

模型を見ながら各施設の説明

模型を見ながら各施設の説明

説明に聞き入る参加者

説明に聞き入る参加者

意見交換しています

意見交換しています

それぞれの意見をまとめました!それぞれの意見をまとめました!

それぞれの意見をまとめました!

ページの先頭へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加