オホーツク流氷公園セミナー(平成17年度)

  1. オホーツク流氷公園セミナー
  2. HOME

オホーツク流氷公園セミナー

オホーツク流氷公園セミナー(平成17年度)

平成17年度オホーツク流氷公園セミナー終える

平成20年一部開園、23年全面オープン(予定)後の、オホーツク流氷公園の楽しい利活用や管理など、公園をより魅力的な場にしていくための支援として、ボランティア組織の立ち上げに向けて企画されたオホーツク流氷公園セミナーは、12月18日(日)13時より紋別市オホーツク交流センターにおいて開催されました。前日、当日と吹雪模様の悪天候のため、一人も来ないのではないかと心配しましたが、40数名の方々が参加され、関係者一同ホッと胸をなでおろしました。
公園ボランティアの一人、八島義浩さんの司会のもと、主催者である公園セミナー実行委員長の菅原慶悦さんの挨拶、そして基調講演が始まりました。
「住民参加と公園づかい」と題した、モエレ沼公園の活用を考える会(モエレ・ファン・クラブ)理事で、FM北海道「美香子マガジン」のパーソナリティーであるフリーキャスター林美香子さんの話題豊富な話に、参加者は時間を忘れて聞き入っていました。
講演の主な内容を簡単にまとめてみました。

  • ボランティア活動は、話や企画だけに加わるのではなく、実践することによって成し遂げたという達成感が出る。
  • あるシンポジウムで参加者の女性が言っていたが、人間の生き方について、仕事だけでなく、地域活動、ボランティア活動、趣味を充実させていくことが、人生が素晴らしいものになっていく。
  • 公園自慢をする~ハワイでは、友達が来た場合、公園で食事をして自分の庭のように利用している。イギリスでは、家に人を呼ぶときには、まず近くの公園や散歩道を案内して、いかに素晴らしい所に住んでいるかということを自慢してから家に招くなど、公園を生活の中で上手に活用している。
  • この流氷公園も紋別の人や近隣の人に自慢できる公園になると思う。
  • 子供がテレビゲームに夢中になっている昨今、意識的に外で遊ばせることが大切。このことにより、最近増えている痛ましい事件が減っていくのではないか。
  • 流氷公園を核とした地域おこし~経済活動につながる

    例:紋別の牧場で作られたヨーグルト、チーズなどの農産物を売る
  • 教育系、文科系、芸術系、福祉系など、ほかのグループとジョイントすることで公園活用の幅が広がり、しいては流氷公園が住民に浸透していく。

このあと、林美香子さん、ボランティア市民団体「とんでけ車椅子」の活動や、北海道工業大学非常勤講師をしている坂本純科さん、流氷公園ボランティアの一人で、道立紋別病院の河井清次さんがパネラーとなり、(株)キタバ・ランドスケープ・プランニング代表斎藤浩二さんがコーディネーターを務めて、パネラーを囲んでの車座トークが行われました。
始めに、坂本さんが、静岡県NPO法人グランドワーク三島の活動を研修をしてきた時のことを聞かせてくれました。
グランドワーク三島は、水辺自然環境の再生と改善を目的に設立され、市民、行政、企業のパートナーシップによる英国グランドワークの手法を用い、創造的なまちづくりを実践している。「右手にスコップ、左手にビール」を合言葉に、楽しく活動することがモットー。グランドワーク三島の主な活動が次により紹介されました。

  • 住宅地域内の荒れた空き地に花を植えてみどり野ふれあいの園をつくる
  • さくら保育園にビオトープを造成
  • 絶滅しかけた県天然記念物指定の梅花藻の復元
  • ゴミ投棄等により汚染化が進んだ源兵衛川の清流復元化

流氷公園ボランティア河井清次さんは、公園ボランティア組織立ち上げの課題として、5つの悩みを提起した。

1. 公園やボランティア活動の効果的PR手法
2. 活動メンバーの拡大
3. 個々の自主性を高めるために必要なこと
4. みんなが楽しめる参加の場作りのキーワード
5. 永続的に活動していくための秘訣

これらに対し、パネラーからはいろいろな意見が出されました。

  • 情報発信の仕方として、マスコミに知らせて取材してもらう。また、報道されたものを報道集として出す。
  • 市役所や役場職員も住民という立場で参加させる。
  • 司会、書類作り、受付、案内、企画、立案など参加者それぞれが発揮できる得意分野の能力を生かす。
  • 気持ちに余裕のあるときだけボランティアをしてもらう~チョコッとボランティア「チョボラ」
  • 地域の小中高校に声をかける~拡大継続のキーワード
  • 参加する人がもう一人連れてくる~その人が公園の良さが分かるかもしれない

2時間30分の公園セミナーは、この後参加者を交えて意見交換しましたが、ボランティア組織に向けて大変参考になった今回のセミナーでした。

司会の八島義浩さん、手前はコーディネーター斎藤浩二さん

司会の八島義浩さん、手前はコーディネーター斎藤浩二さん

主催者代表として挨拶する菅原慶悦さん

主催者代表として挨拶する
菅原慶悦さん

基調講演をするフリーキャスター林美香子さん

基調講演をするフリーキャスター
林美香子さん

車座トークのパネラー坂本純科さん

車座トークのパネラー
坂本純科さん

車座トークのパネラー河井清次さん

車座トークのパネラー
河井清次さん

参加者を交えて車座トーク

参加者を交えて車座トーク

ページの先頭へ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加