鎮魂の炎、市街地を彩る

 花の咲かない冬に「花」を「キャンドル」に代え、冬のマチ並を彩り、さらには東日本大震災の被災者に「平和・夢・希望」を届ける取り組みが11日、紋別市幸町4の旧あつみ跡地で開かれました。

IMG_0943.JPG

IMG_0932.jpg

 この日利用されたキャンドルは紋別市フラワーマスターを中心とする市民の手作り。点灯式の後、約3時間中心市街地にキャンドルが灯されました。

IMG_0973.JPG

 一部のキャンドルは実際に被災地に送られるなどし、この日の来場者は思いおもいに鎮魂の炎を見つめていました。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。