遠紋の“息吹”咲き誇る

 春の花観光の季節を迎えました。オホーツク流氷公園に、滝上町と湧別町から提供を受けた「シバザクラ」と「チューリップ」が咲き誇りつつあり、来園者を魅了しています。

滝上町の「シバザクラ」は、50数年前にみかん箱一つから植栽し、地域で脈々と受け継がれて来たもので、現在では10万平方メートルの大群落となり、最盛期には?ピンクのジュータン”が鮮やかな色彩を放ちます。

  IMG_0230.JPG

 滝上公園は、5月1日に開園。13日午前10時に3分咲きとなり、開花宣言が行われました。

 流氷公園の「シバザクラ」もピンクの色彩を放ち、鮮やかの一言です。

 一方の湧別町上湧別の「チューリップ」も輸出産業として発展して来たものが、海外でのチューリップの球根の価格が値下げされた事を受け、生産農家も減少。しかしながら、「チューリップ」に愛着のある生産農家によって庭先などで栽培が細々と続けられて来たのが始まりです。

IMG_0240.JPG

 その後、現在のチューリップ公園の場所に地域住民が植栽を続け発展し、町立公園として指定されたものです。

 開花の情報は以下のHPを参照して下さい。
 【滝上公園】
  http://town.takinoue.hokkaido.jp/index.html
 【チューリップ公園】
  http://www.town.yubetsu.lg.jp/tulippark/index.htm

 遠紋の花観光施設等を巡る花悠遊ビンゴラリーや花回遊スタンプラリーも開催中です。開催内容は、ニュース&トピックス(http://www.seaicepark.jp/topics/index.php)を参照して下さい。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。