期待高まる「海と大地の遊び場」

 オホーツク流氷公園は今年度の入園者が43,000人超と好調を維持しています。来月7日の「海と大地の遊び場」のOPENも間近に控え、地域の方々から多数の問い合わせを頂いており、期待が高まっていることを実感しています。

 「海と大地の遊び場」3.6ヘクタールの広大な敷地に約20種類の遊具があります。

IMG_4083.jpg
 
 流氷公園管理事務所では、利用者増を目指して流氷公園夏まつりを8月7日(土)。8日(日)に企画しています。

chirasi.JPG

 フリーマーケット(両日共に午前10時から午後3時)のほか、紋別バレエ教室の皆様による発表会(両日共に午前11時)のほか、あおぞら交流館横の特設テントにて地域の方々による地場産野菜の即売会やちくわの実演販売、生ビール、焼き鳥などの販売も予定されています。

 後は晴天に恵まれることを祈るばかりです。

 一方、紋別市が中心となり今年企画された「もんべつ遊びたガリヤフェスタ」も毎週土・日にホワイトビーチで開催されています。

IMG_4585.jpg

 1回100円で参加できる「ホタテ釣り」や1回1000円の「毛ガニ釣り」、1回100円の「フワフワペンギン」など子供から大人までが楽しめるイベントを展開。オホーツク流氷科学センターの夏まつりや氷海展望塔オホーツクタワーの夜間営業もあわせてお楽しみ下さい。

 このほか、各施設が参加するビンゴラリーも開催されています。

 もんべつ遊びたガリヤフェスタは8月22日(日)まで開催されています。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。