今年度の入館目標達成

 オホーツク流氷公園は、昨年の11月15日にBブロックの「にぎわいと参加の場所」のあおぞら交流館、みどりのステージ、こもれ日の森などがオープンしました。

 開園記念式典には来賓約100名の皆さまが晴れの門出を祝ってくれました。

 式典終了後には遠紋を中心とするたくさんの方々でさっそく賑わいました。

きょうもたくさんの皆さまが来館されております。

IMG_2388.jpg

 これまでのイベントとしてはクリスマスやお正月、冬祭りを中心に単発ではなく、ロングランで開催し、様々な方々にご来場頂き、紋別真空会館やPLMBAバトントワリング、一輪車キッズなど地域のサークルの発表の場としても利活用して頂いております。

 入館者は11月=4,783人、12月=5,567人、1月=7,076人、2月=7,096人、指定管理者の緑と観光のジョイグループ(代表者=社団法人紋別観光協会)が今年度の目標として掲げた3万3,000を3月28日午後2時50分に達成致しました。

 この結果は、設置者である網走土木現業所の皆さま方の指導や社団法人紋別観光協会の皆さま、地域住民の方々の支えの結果だと考えております。

 今後も地域の方々に愛される施設の管理運営を手掛けますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 今春はピクニック広場、そして今夏は海と大地の遊び場がOPENします。
 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。