流氷観光もピークに突入します

 温かな気温も続き、なかなか流氷も接岸してくれません。そんな中、あおぞら交流館では、昨日届けられた氷柱を利用して2月11日から14日に開催される「雪まつり交流会」に向けた準備が着々と進められています。

IMG_1078.JPG

 雪まつり交流会は、もんべつ流氷まつりに協賛することで流氷まつりや交流館の楽しさを地域内外の方々に楽しんでもらおうという企画です。

 期間中は、氷上ボウリングやソリ滑り、輪投げのほかにも現在制作中の氷の滑り台やイグル―など、老若男女が楽しめる広場が作り上げられる予定です。

 イベントも宝探しや同13日にはスノーシューハイキングも開かれます。

 4日間共に午前10時から午後3時までです。会場が出来上がるまで楽しみにしていて下さい。

◇あいすらんど共和国が開国します!

 一方、流氷まつり会場の港の迎賓館をメーン会場に活動を続けておられる「流氷あいすらんど共和国」の開国式が2月1日に開かれます。地域住民が25年以上もの長きに渡り作り上げてきたあいすらんど共和国は、観光振興だけではなく地域振興の一助も担っておられます。

 あいすらんど共和国は、1984年に市の観光行政からの要望により、市内の若者が準備を進め、85年2月第一回目の開国を迎えました。これまでの活動で北海道街づくり100選、紋別市文化連盟の文化奨励賞、北海道コミュニティー協会のふるさとづくり特別賞、観光事業功労者表彰を受賞しておられます。

IMG_0967.jpg
1月中旬の開国に向けた準備の様子

 今年はウインターフェスティバルinもんべつの開催にあわせて1月24日から氷のレストランを前倒しする形で開催中です。

 1日の開国式では、森安春大統領の開国宣言に続き、開国記念パーティーがみなとの迎賓館で行われます。

 流氷まつり期間中には、名物の流氷結婚式、まるかじりパーティーのほか、祭り終了後も2月21日に雪中パークゴルフ大会、2月28日に雪中宝探しを行い同日閉国式が実施されます。

 約1カ月間のロングランで流氷観光に訪れる人々を“温かな心”でもてなしてくれます。

 紋別に訪れる際には、是非一度お立ち寄り下さいね。

 あいすらんど共和国の電話番号は(電話0158-23-1555)まで。

カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントは受け付けていません。